焙煎度合いによる違いは?

焙煎度合いによる違いは?

 

コーヒー豆には、焙煎度合いがあります。

 

焙煎度には複数の分け方があります。
4~8段階に分けられるのが一般的ではありますが、明確な基準があるわけではありませんので、国や地域、店ごとに若干の違いがあります。

 

以下は、おおよその分類です。

 

  • 浅煎り:ライト/シナモン
  • 中煎り:ミディアム/ハイ
  • 中深煎り:シティ/フルシティ
  • 深煎り:フレンチ/イタリアン

 

焙煎度合いは、不確かな分類方法です。
今回は8タイプを2タイプずつの4分類に分けていますが、ミディアムを浅煎りに分類することもありますし、シティを中煎りに分類することもあります。

 

焙煎度合いの分類は、ひとつの目安でしかないと考えてください。

 

スポンサーリンク

 

浅煎り豆の特徴

浅煎り豆は、テストのための焙煎度です。
浅煎り豆に分類されるライトローストやシナモンローストには「焙煎度が浅すぎる」ために、コーヒーらしい苦味や酸味がありません。

 

そのため、テストに用いられます。

 

浅煎り豆には、コーヒーらしさがありません。
しかし、コーヒーらしい苦味や酸味がない代わりに「生豆本来の特徴(渋味やエグミなど)」を強く感じることができます。

 

浅煎り豆は、豆の特徴を理解するには打ってつけなのです。

 

コーヒーとして楽しめるのは、ミディアムローストからです。
そのため、一般的に浅煎り豆と言えばミディアムローストのことを指すことが多く、浅煎り豆と中煎り豆の境目に関しては意見が分かれます。

 

中煎り豆の特徴

中煎り豆は、酸味の強い成分バランスです。
ここで言う中煎り豆とはミディアムローストとハイローストのことであり、「酸味が強く、苦味は強くなりつつある」といった特徴を持ちます。

 

砂糖やミルクを加えない場合に選ばれることの多い焙煎度合いです。

 

もっとも一般的な焙煎度合いが「ハイロースト(中煎り豆)」と「シティロースト(中深煎り豆)」であり、どちらも「強い酸味と若干の苦味を併せ持つ」という特徴であることから両者が「中煎り」に分類されていることも少なくありません。

 

これらのことからも、中煎りと中深煎りが中間的な焙煎度合いであり、特にドリップ式の場合には、ハイローストとシティローストの人気が高いと言えます。

 

中深煎り豆の特徴

中深煎り豆は、酸味と苦味の両者が強くなります。
ここで言う中深煎り豆とは「シティロースト」と「フルシティロースト」のことであり、イタリア系のエスプレッソやマキネッタなどに好まれる焙煎度合いです。

 

酸味を残しつつも苦味が強いことが特徴です。
コーヒーの酸味は「ハイロースト~シティロースト」で最も強くなることが確認されており、ここからは徐々に苦味の強いバランスに変化していきます。

 

しかし、「苦味=悪」ではありません。

 

苦味には種類があります。
たとえば、適切な抽出条件であれば「キレやコクのある苦味」が生じますし、適切でなければ「舌にまとわりつくような嫌な苦味」が強くなります。

 

良い苦味を適量抽出することがポイントになります。

 

深煎り豆の特徴

深煎り豆は、苦味が特徴的です。
焙煎度が深くなるほどに「酸味が減少して苦味が増加していきます」ので、深煎り豆はアメリカ(シアトル)系のエスプレッソに好んで使用されます。

 

深い焙煎度のコーヒー豆を選ぶことで、バリエーションコーヒー(シアトル系コーヒーなど)にしてもコーヒーらしさが残りやすいためです。

 

ちなみに、「エスプレッソ=深煎り豆」ではありません。
エスプレッソには大きくイタリア系とアメリカ(シアトル)系があり、そのままのエスプレッソを重視するのがイタリア系、アレンジのベースとするのがシアトル系です。

 

  • イタリア系:中深煎り
  • シアトル系:深煎り

 

どちらも、焙煎度の深い豆が選ばれます。

 

しかし、深煎り豆のエスプレッソは「酸味が失われていて苦味が強すぎる」ことになり、中深煎り豆のエスプレッソベースのアレンジコーヒーは「コーヒー感(特有の苦味など)が弱すぎてミルクに負けてしまう」ことになります。

 

焙煎度は「どんなコーヒーを飲みたいのか?」によっても変化するのです。

スポンサーリンク

TOPへ