ネルフィルターの手入れとは?

ネルフィルターの手入れとは?

 

ネルフィルターには、手入れが必要です。

 

手間がかかります。
一般的なペーパーフィルターは「(基本的に)手入れ不要」ですが、ネルフィルターは適切な手入れをしておかなければ臭いや目詰まりの原因になってしまいます。

 

ネルフィルターの手入れは、大きく2点です。

 

  • 使い始めの手入れ
  • 日常の手入れ

 

はじめは面倒に感じられます。
しかし、難しいことではありませんので、ネルドリップの味が好みである人にとっては「すぐに慣れる」くらいの手間(ストレス)であるはずです。

 

以下、詳細の説明をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

使い始めの手入れとは?

ネル(布)フィルターには、臭いがあります。

 

繊維製品特有の臭いです。
そのまま使い始めたのでは抽出されたコーヒーにネル(布)の臭いが移ってしまいますので、少量のコーヒー粉を入れた鍋で煮沸します。

 

また、糊の問題もあります。
多くの繊維製品には縫製時の作業性向上のために糊がつけられており、糊を落とさなければコーヒーに抽出されてしまうことになります。

 

  • 少量のコーヒー粉を入れて煮沸する
  • 水にさらしてすすぐ(および熱を取る)
  • 軽く絞って糊を完全に取り除く

 

15分以上は煮沸します。
繊維に付着している糊を完全に除去しなければいけませんので、短時間の煮沸では落としきれずに糊が残ってしまう可能性があるためです。

 

糊が残るとコーヒーが臭くなりますので注意が必要です。

 

コーヒー粉はコーヒーカスでもOKです。
もちろん新しいコーヒー粉で煮沸しても構いませんが、大きな違いにはなりませんので頻繁にコーヒーを入れているのであれば出がらしでも大丈夫です。

 

日常の手入れとは?

ネルフィルターは、濡れたまま保存します。

 

ネルフィルターは、水洗いをします。
洗剤を使って洗うことはできませんので、そのまま乾かしたのではコーヒーの成分が変質して使い物にならないくらいの臭い(悪臭)が生じてしまいます。

 

そのため、絶対に乾燥させることはできません。

 

  • 抽出後は、コーヒーカスを取り除き水洗いをする
  • 水を張った容器にネルフィルターを入れて冷蔵庫に保存する
  • 使うたびに(使わなくても1日1回くらいは)水を変える

 

以上が、日常的な手入れです。

 

定期的な煮沸が推奨されていることもあります。煮沸することで使い込むことで生じる臭いのリスクを軽減することができますので、(休日などの)暇なときにでも煮沸しておくことをおすすめします。

 

まとめ

ネルフィルターには、手入れが必要です。
手入れには、「使い始めの手入れ」と「日常の手入れ」があり、前者は糊を落とすこと、後者は乾燥によるコーヒー成分の変質を防ぐことが目的になっています。

 

手入れの手間はかかりますが、ネルフィルターでしか出せない味があります。

 

【セット買い】HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー クリア & コーヒーサーバー & ペーパーフィルター1~2杯用 セット

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

HARIO (ハリオ) ろか布 ネルドリップポット ウッドネック オリーブウッド 1~2杯用 DPW-1-OV

HARIO(ハリオ) ドリッパー ヘアラインシルバー 1から2杯用 オールステンレス製ダブルメッシュフィルターのドリッパー DMD-01-HSV

スポンサーリンク

TOPへ