コーヒーの抽出量について

抽出量は、基本理論における最後の項目です。
コーヒーの抽出にはこれまでの5項目すべてが重要であり、今回の「抽出量」を加えた6項目のバランスを考慮して理想とする味を目指します。

 

 

コーヒーは、複雑な味(成分)で構成されます。
主なものには酸味、苦味(キレのある苦味、コクのある苦味、嫌な苦味)、渋味、油脂分などがありますが、これらのバランスは抽出量にも左右されます。

 

抽出量が変われば、味のバランスも変わるということです。

スポンサーリンク

TOPへ