ドリップ式コーヒーのフィルター

ドリップ式コーヒーのフィルター

 

ドリップ式コーヒーには、フィルターの違いがあります。

 

フィルターにより、異なる味になります。
たとえば、ペーパーフィルターは「クリアな味」になり、ネルフィルターは「まろやかな味」になり、金属フィルターは「コクのある味」になります。

 

  • ペーパーフィルター:クリアな味
  • ネルフィルター:まろやかな味
  • 金属フィルター:コクのある味

 

オイルの抽出量が変化するためです。

 

オイル感の違いは、「飲みごたえ」に影響します。
コーヒーオイルの抽出量が増えるほどに「重たい味(飲みごたえのあるコーヒー)」になりますので、好みが分かれてしまうのは仕方ありません。

 

スポンサーリンク

 

ペーパーフィルターの特徴

ペーパーフィルターは、クリアな味になります。

 

コーヒーには、オイルが含まれます。
ペーパーフィルターを使うと、コーヒーオイル(コーヒーの油分)がフィルターに吸着されるためにクリアな味わいになります。

 

油分には、親油性の雑味などが含まれているためです。

 

しかし、良いことばかりでもありません。
コーヒーオイルは抽出されたコーヒーのコクを生みますので、オイルの少ないコーヒーは「軽い飲み口」になります。

 

よく言えば軽い飲み口、悪く言えば物足りない飲み口というわけです。

 

ネルフィルターの特徴

ネルフィルターは、まろやかな味になります。

 

適度にオイルが抽出されるためです。
油分が増えることからもペーパーフィルターで抽出するよりも「コク(複雑な香味と飲みごたえ)」が強くなります。

 

人気の高いフィルターです。

 

しかし、管理に手間がかかります。
ネルフィルターを乾燥させてしまうと「油分が酸化して酸敗臭(アシッド)が生じてしまいます」ので、濡らしたまま管理しなければいけません。

 

具体的には、水につけて冷蔵庫で管理します。

 

当然、毎日水を変えます。
水を変えなければ腐敗(雑菌が繁殖)してしまいますので、それをストレスに感じられるのであればおすすめできないフィルターであると言えます。

 

もちろん、味は保証します。

 

金属フィルターの特徴

金属フィルターは、コクのあるコーヒーになります。

 

金属フィルターは、オイルを通します。
抽出されるコーヒーの油分が増えますので、コク(複雑な香味)と飲みごたえ(重い飲み口)のあるコーヒーになります。

 

フィルター交換が不要なところも好まれているポイントです。

 

しかし、デメリットもあります。
金属フィルターは微粉により詰まりやすくなりますので、(ネルよりはましですが)ペーパーフィルターのような手軽さはありません。

 

また、豆の鮮度を選びます。

 

コーヒーに含まれる油分は保管期間が長くなるほどに酸化して嫌な臭い(酸敗臭)を発しますので、金属フィルターを使用する場合にはペーパーフィルター以上に鮮度を重視する必要があります。

 

鮮度の良いコーヒー豆にはおすすめできるフィルターです。

 

まとめ

ドリップ式コーヒーには、フィルターの違いがあります。
主なものには「ペーパーフィルター」「ネルフィルター」「金属フィルター」の3種類があり、同じ条件で抽出しても異なるコーヒーになります。

 

どれが一番という問題ではありません。

 

ペーパーフィルターの軽くてクリアな味、ネルフィルターのまろやかな味、金属フィルターの重くてコクのある味、どのフィルターにもメリットとデメリットが共存しています。

 

【セット買い】HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー クリア & コーヒーサーバー & ペーパーフィルター1~2杯用 セット

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

HARIO (ハリオ) ろか布 ネルドリップポット ウッドネック オリーブウッド 1~2杯用 DPW-1-OV

HARIO(ハリオ) ドリッパー ヘアラインシルバー 1から2杯用 オールステンレス製ダブルメッシュフィルターのドリッパー DMD-01-HSV

スポンサーリンク

TOPへ