アルミ製マキネッタの害?

アルミ製マキネッタの害?

 

マキネッタに、害はありません。

 

マキネッタは、コーヒー抽出器具です。
ヨーロッパの一般家庭を中心に広く普及している器具であり、イタリアでは「一家に一台以上ある」とも言われているほどに広く普及しています。

 

マキネッタと言えば、ビアレッティ社です。

 

ビアレッティ社のモカエキスプレスが有名です。
しかし、モカエキスプレスはアルミニウム製であるために、「健康に害があるのでは?」などの心配をしてしまう人も少なくはありません。

 

結論から言えば、(まったく)心配する必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

マキネッタがアルミ製である理由

多くのマキネッタは、アルミ製です。
アルミには、「熱伝導率が高い」「加工性が良い(加工費を安く作ることができる)」「軽くて扱いやすい」などのメリットがあります。

 

  • 熱伝導率に優れている
  • 加工性に優れている
  • 軽くて扱いやすい

 

特に注目して欲しいのが、熱伝導率です。

 

アルミは、熱伝導率に優れています。
マキネッタにはアルミ製とステンレス製がありますが、アルミの熱伝導率が「204.00w/m・k」であるのに比べ、ステンレスの熱伝導率は「16.00w/m・k」です。

 

アルミがいかに優れているかは一目瞭然ですよね?

 

アルミ製は、抽出を早く済ませられます。
抽出が早くなることによって「焼けたような嫌な苦味」の抽出量を減らせますので、エスプレッソの味に近いモカコーヒーを抽出できるようになります。

 

もちろん、エスプレッソとは別物ですが、抽出されるモカコーヒーの味の点でアルミ製のマキネッタを好んで使っている人も少なくありません。

 

アルミ製マキネッタに害がない理由

マキネッタに害はありません。

 

確かに、微量のアルミ溶出があります。
しかし、日常生活の飲食におけるすべての調理器具や食器類などをアルミ製に切り替えたとしても、健康に影響の出る許容量には遠く及ばない溶出量となります。

 

  • 0.07mg/kg 体重/週
  • 体重1kg、1週間あたり、2mg

 

上の数値は「すべての調理器具や食器類などをアルミ製に切り替えた場合の推定摂取量」であり、下の数値はJECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)により示されている「アルミニウム摂取の許容量」です。

 

もちろん、推定値です。
推定値ではありますが、すべての調理道具や食器類をアルミ製でそろえている人はいないでしょうし、そろえていたとしても問題のないレベルです。

 

心配するだけ無駄だとは思いませんか?

 

厚生労働省:アルミニウムの摂取量推計について

 

厚生労働省:アルミニウムに関する情報

 

マキネッタに害はありません。

 

気にするべきは、食品添加物です。
アルミニウムを含む食品添加物は減らされつつある傾向にありますが、極端に偏った食生活をしていると問題が生じるリスクがあります。

 

マキネッタよりも、外食の方がリスキーです。

 

ちなみに、小児には注意が必要です。
しかし、そもそも小児はマキネッタを使いません(コーヒーを飲みません)ので、マキネッタの害という点においては関係ありません。

 

アルミ製マキネッタのデメリットは?

多くのマキネッタは、アルミ製です。
これは、アルミは熱伝導率に優れた素材であるために「加熱時間が短くなる(ステンレスよりも短時間で抽出される)」という特徴が好ましいためです。

 

これによって、嫌な苦味や雑味が抽出されにくくなります。

 

しかし、デメリットもあります。
アルミは長時間水にさらされていると腐食しますので、使い終わったら速やかに片づけて水気を切っておく(または拭き取っておく)ことがポイントになります。

 

腐食しても問題はありませんが、見た目が良くありません。

 

アルミは、乾燥を好みます。
アルミニウムには「長時間空気に触れていることで酸化被膜を形成する」という特徴がありますので、とにかく水気だけには注意が必要です。

 

この点に関しては、アルミの調理器具を使った経験があれば分かるかと思います。

 

まとめ

マキネッタに害はありません。
アルミ製であるこの多いマキネッタには「アルミによる害があるのでは?」という心配が付きまといますが、溶出量はごく微量であるために問題はありません。

 

そもそも、アルミの摂取量はすべての年代で許容量を下回っています。

 

マキネッタを使ったからと言って「リスクが高くなる」とは言えませんし、毎日、数回マキネッタを使用したとしてもアルミニウムの許容量には遠く及ばないことになります。

 

アルミには、多くのメリットがあります。
マキネッタで抽出されるコーヒー(モカコーヒー)の味はアルミ製のマキネッタでしか抽出できない部分がありますので、当サイトではアルミのマキネッタをおすすめします。

 

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 2カップ

BIALETTI シルバー 2カップ 直火式エスプレッソメーカー ブリッカ 6782

Ilsa(イルサ) ガスバーナープレートφ12cm エスプレッソメーカー用アダプター ILSCOK250GRS

BIALETTI (ビアレッティ) 細挽きコーヒー インテンソ 250g モカに最適な挽き方の濃いめなコーヒー粉

スポンサーリンク

TOPへ